ピエール・ビター フランス印象派画家  
 

 

2011年9月14日

絵画4

イエスの子供時代(12)
教会で博士とともに

教会で博士とともに

ルーク2:41-52
41 さて, イエス の 兩親は, 過越の 祭りには 每年 エルサレム に 行った.
42 イエス が 十二歲になられたときも, 兩親は 祭りの 慣習に 從って 都へ 上り,
43 祭りの 期間を 過ごしてから, 歸路についたが, 少年 イエス は エルサレム にとどまっておられた. 兩親はそれに 氣づかなかった.
44 イエス が 一行の 中にいるものと 思って, 一日の 道のりを 行った. それから, 親族や 知人の 中を 搜し 回ったが,
45 見つからなかったので, イエス を 搜しながら, エルサレム まで 引き 返した.
46 そしてようやく 三日の 後に, イエス が 宮で 敎師たちの 眞中にすわって, 話を 聞いたり 質問したりしておられるのを 見つけた.
47 聞いていた 人¿はみな, イエス の 知惠と 答えに 驚いていた.
48 兩親は 彼を 見て 驚き, 母は 言った. 「まあ, あなたはなぜ 私たちにこんなことをしたのです. 見なさい. 父上も 私も, 心配してあなたを 搜し 回っていたのです.
49 すると イエス は 兩親に 言われた. 「どうしてわたしをお 搜しになったのですか. わたしが 必ず 自分の 父の 家にいることを, ご 存じなかったのですか.
50 しかし 兩親には, イエス の 話されたことばの 意味がわからなかった.
51 それから イエス は, いっしょに 下って 行かれ, ナザレ に 歸って, 兩親に 仕えられた. 母はこれらのことをみな, 心に 留めておいた.
52 イエス はますます 知惠が 進み, 背たけも 大きくなり, 神と 人とに 愛された.

 

 
  

主の生涯

序文 1 - 受胎告知 2 - イエスの誕生 3 - エジプトへの逃避
4 - 教会で博士とともに 5 - 4人の最初の弟子 6 - カナの結婚式 7 - 寡婦の息子をよみがえらせるイエス
8 - 5000人への給食 9 - 最後の晩餐 10 - ユダの裏切り 11 - イエスの受難
12 - はりつけと死 13 - イエスの復活 14 - 昇天 言葉を広める

聖なる三位一体の理解
啓⽰示された三位⼀一体 絵画を通して
三位一体
私たちは神の細胞か?
どのようにして新しく⽣生まれるのか?

ビデオインタビュー ラジオインタビュー
 
  
Pierre Bittar・ギャラリー
ホームページ